« ありがたい伝説1 | トップページ | 後出しジャンケン »

2008年3月31日 (月)

「決め打ち」と「仮説」

みなさん、こんにちは!

!!

今日はですね、決め打ちと仮説の違いについて語ります。

決め打ちも仮説も、問題解決の場面に必ずといっていいほど使うものです。

みなさんも絶対に使われていると思います。

決め打ちというのは、

彼女が怒っている⇒「よし、プレゼントだ!」

とかいうものです。

仮説思考というのは、

売上が落ちている⇒「おそらく顧客のリピート率が落ちてそうだな。単価と来店客数に分けて考えて、来店客数はさらに顧客数とリピート率に分けて見てみよう。」

とかいうものです。

皆さん、どっちも経験ないですか?

特に決め打ちは、普段ありすぎるくらいあるんじゃないでしょうか。

僕もよくやってしまいます。

決め打ちが出来るということは、もちろんスピードが速いという

意味でもあるのですが。

一瞬立ち止まって、「何故?」を繰り返すことも大切です。

普段、決め打ちが多くて、それでうまくいってない方は要注意ですね。

「仮説」も似てますよね?

おさらいですが、仮説思考というのは

彼女が怒っている?⇒「最近プレゼント買ってないから?」

と原因を予測することです。

わかりやすく説明すると、こんな感じです。

 

決め打ち

仮説思考

ゼロベース思考

意思決定スピード

最速

普通

遅い

分析スピード

(分析しない)

早い

遅い

意思決定適切性

物事が複雑であるほど失敗危険性が高い 

分析が正しければ、あるべき意思決定が可能

分析が正しければ、あるべき意思決定が可能

対象の問題

普段の、問題性の小さいもの

原因はある程度予測できるが、問題性が高いか、自信がないもの。

原因が全く予想できないもの。

ぜひ、一度「仮説思考」を意識してやってみてください。

日常の、本当に小さなことでもいいです。

「ああ、そういえば結構慢性的な問題で、しかもいつも適当に扱ってるな」

といったものがあれば、もってこいです。

大切なことは、

「だからといって、ゼロベースで考えない。出来る限り仮説思考。」

です。

ゼロベースで考えても、時間がかかるだけです。

よほど、頭真っ白にして考えたい時は別として仮説を立てて、問題を分析して、

そして最短で最善の解決法に辿り着くことを意識してください。

仕事でもプライベートでも何でも一緒ですよ。

一緒に頑張りましょう(^_^;)

|

« ありがたい伝説1 | トップページ | 後出しジャンケン »

お役立ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009480/11993613

この記事へのトラックバック一覧です: 「決め打ち」と「仮説」:

« ありがたい伝説1 | トップページ | 後出しジャンケン »