« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

因果関係2

みなさん、こんにちは!

いやーやっぱり会計士のこの時期は忙しいですね。

なんとか週1でこのブログも更新していますが欲を言えば毎日したいところです。

ブログって色んなプレッシャーがあって、書くのがたまに億劫になります。

もっと早くこの世界に飛び込んでおくべきでした・・。汗

さて、今日は前回の続き「因果関係2」です。

内容としては、因果関係の落とし穴です。

前回、因果関係が成立するための条件として

1、時間的順序が正しい

2、相関関係が成り立っている

3、第3因子が存在しない

の3つを挙げました。

これらの条件を満たしていないにも関わらず、因果関係があると

勘違いしてしまうことを、落とし穴としています。

その落とし穴は、大きく分けて4つです。

4つの共通点は、「あ・・・、それ経験ある・・・。汗」

です。その4つを、例を挙げて紹介します。

【因果関係の落とし穴】

1、相関関係なし(イメージで判断)

「髪を立ててる男の子は、音楽が好き」

「カジュアル系の女の子は、お姉系の女の子よりガードが堅い」

「めがねを掛けてる人は、頭がいい」

これらは全て、あくまでイメージであって決して相関関係はありません。

たまたま周りの人がそうなので、相関関係があると主張される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、くどいようですが相関関係はありません。

上記のようなイメージが固まっていくのは、きっと周りの人のイメージに事実が伴った時です。

つまり、頭がいい人は世の中にたくさんいるのに、その中でメガネを

掛けている頭のいい人は「ああ、やっぱり」と印象が強く残ります。

これによりイメージが固まってしまい、相関関係だと誤解してしまうのです。

2、時間的順序が逆(因果の取り違い)

「海外派遣に行った人は、優秀だ。」

「裁判官になった人は、正義感が強い。」

「彼女は最近軽い感じの女の子の友達が増えたから、クラブに行くようになった。」

これらは全て、時間的順序が逆である可能性が高いでしょう。

つまり、こんな感じです。

「優秀な人は、海外派遣へのチャンスが多い。」

「正義感が強いから、裁判官になった。」

「彼女は最近クラブに行くようになったから、軽い感じの女の子の友達が増えた。」

これらを逆に取り違えることにより、間違った対処法をしてしまい、失敗するのです。

3、第3因子が存在する

これは前回、第3因子の説明の為に紹介しましたね。

ここでは簡単に説明します。

たとえばある外資系企業で、

「英語が出来る人は、仕事ができる。」という相関関係があったとします。

事実があるわけですから、相関関係はあるのでしょう。

そして、明らかに時間的順序が逆というわけではありません。

(もっとも、この場合は鶏―卵の関係でありどちらが先でどちらが後というわけではありません。)

にも関わらず、因果関係があるかというとそうではないでしょう。

「仕事への意欲が高いから、英語ができる。」

「仕事への意欲が高いから、仕事ができる。」

といった因果関係が裏に存在するのです。

「仕事への意欲が高い」というインプットがあって、「英語ができる。」と「仕事ができる。」という2つのアウトプットが生まれるのです。

ここを勘違いすると、仕事への意欲を高めるというマインドの研鑽を疎かにして英語の勉強に走り

かねません。もともと意欲がない人は、英語がすごい好きでもない限り勉強は続かないでしょう。

4、最後のワラ

4つめに紹介するのが「最後のワラ」です。

こんな話があります。

ある牧場でのこと。

馬をこき使い、重たい物を無理して載せ、馬にとって最悪の牧場主がいました。

毎日毎日、限界を超える過重労働を馬は強いられていました。ヒヒーンッ。

牧場には気の小さいバイト君が一人おり、馬は可哀想だけど牧場主に逆らうことができない彼でした。

なんとかしてあげたいけど、ごめんね・・・。そんな日々が続きました。

そんなある日のこと、明らかに脚がフラフラのもう危険な状態の馬を牧場主はいつもの通り

こき使っていました。夕方になり、さぁ最後の仕事。大量のワラを馬に担がせます。

牧場主とバイト君は交互にワラを載せていきます。

バイト君が1本のワラを載せた次の瞬間、馬はとうとう倒れてしまいました。そして間も無く死にました。

何も悪くないバイト君。でも少しだけ悪いバイト君。

彼は牧場主に全ての責任をなすりつけられ、牧場から追い出されました。

こんな話です。

こんなこと、よくありますよね?

確かに最後の1本のワラを載せた行動(インプット)と、馬が倒れた事実(アウトプット)は

因果関係の条件を全て満たしており、間違いなく因果関係が成り立っています。

しかし、毎日の馬への酷使(インプット)と、馬が倒れた事実(アウトプット)も因果関係です。

にも関わらず、馬が倒れた直前のインプット、つまり「最後のワラ」が原因と勘違いされてしまうのです。

もちろん原因の一つではあります。しかし、他の原因に比べて1%にも満たないでしょう。

人は必ず何か問題が起きた時(アウトプット)、直前の原因に注目しがちです。

そのため、本質的な原因を知っておきながら、あえて直前の原因を取り上げる人もいます。

【まとめ】

今見てきた落とし穴。

これは、皆さんも絶対に経験があると思います。

というよりは、僕もそうですが日々このような落とし穴にはまりまくっているのが現状です。

この落とし穴から抜け出すことがどんなメリットをもたらすか。

それはもうお気づきだと思います。

あるアウトプットに対する真実・本質のインプットを見つけることではじめて、

最善の一手を繰り出せるのです。

あるアウトプットを消そうとするなら、真実・本質のインプットを消さなければなりません。

ビジネスではよくある話ですが、1つの問題に対してあれもこれもやるのに結局ぐるぐる回って

何も解決しない。そういうことです。

ぜひ落とし穴を知り、日々意識し、最善の一手を繰り出せるよう努めましょう。

私ももちろんまだまだです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

因果関係1

みなさん、こんにちは!

・!!

基本情報技術者試験の勉強が楽しくてしょうがない今日この頃。

情報技術者試験の体制がもうすぐ大きく変革されてしまうにもかかわらず

勉強している今日この頃。

何のためにそれを勉強しているのとよく聞かれる今日この頃。

知りたいこと、やりたいこと、極めたいこと。そんなものはたくさんあります。

優先順位をある程度つけて、あとは緊急でなく重要である項目を少しずつつぶして

いってるだけです。時間管理には気をつけましょう。

因果関係って、普段よく聞きますよね。

因果関係とは何ぞや的な説明なんていらない、なんておっしゃらずにまずはどんなものか

再確認しましょう。

【因果関係とは】

因果関係とは、原因(インプット)があって結果(アウトプット)がもたらされる関係です。

例えば、

・昨日薄着で寝た(インプット)→風邪ひいた(アウトプット)

・今月はおいしい物いっぱい食った(インプット)→給料日前、財布さびしい(アウトプット)

といったものですね。

当たり前のような話なのですが、注意点があります。

本当に「因果関係」と呼べるためには3つの条件を満たす必要があります。

【因果関係が成り立つ条件】

条件というのが以下の3つです。

1、時間的順序が正しい

原因が先で結果が後である。

2、相関関係が成り立っている

同じ状況で、同じインプットをしたら、ある程度の毎回同じアウトプットが出てくることです。

例えば、今日コーラを朝たくさん飲んでその日仕事がうまくいきまくったとします。

そこで「コーラを朝たくさん飲めば(インプット)、仕事がうまくいきまくる(アウトプット)」

といった相関関係を見つけます。

・・・・これって、本当に相関関係でしょうか?

その日1回限りのことであり、相関関係は間違いなく無いでしょう。

あくまで相関関係が成り立って初めて因果関係です。

3、第3因子が存在しない

第3因子とは、想定されているインプット(第1因子)とアウトプット(第2因子)両方に影響を与えている

因子のことである。

例えば、ある飲食店でビールがよく売れる日(インプット)はアイスがよく売れる(アウトプット)

という相関関係が発見されたとします。

これははっきり言って、相関関係はあります。

しかしだからといって、因果関係があるわけではありません。

第3因子が存在するからです。

Photo_3

        

以前お話した「決め打ち」と「仮説思考」に、注意を喚起する内容ですね。

相関関係を見つけたからといって、それが直接因果関係になっているわけでは

ないことに注意です。

ところで因果関係ってこうやって考えてみると、普段の生活で無意識的に

感じ取られ、かつ次のアクションの参考にしていると思いませんか?

あれがああだから、こうなったのだ。だから次回もああしよう。もしくは次回はああしないでおこう。

無意識的に出来ていることを、何故立ち直って考える必要がある?

とお考えだと思います。

確かに私たちは無意識的にこのような経験と勘と事実をミックスさせて高度な思考を

行い、因果関係を見つけているわけです。

しかしながら、無意識的だからこそ、そこには落とし穴が存在します。

次回は落とし穴についてお話しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

第四の欲求「知欲」

みなさん、こんにちは!

監査法人ではとうとう期末監査に突入してしまいまして、どことなく周囲の方達が

ギスギスしてきたような気がします。

頑張ります・・・・。

ところで、ここんとこ1週間ほど初級シスアドの勉強をしてました。

簡単簡単と聞いてましたが、無知な自分には非常に慣れにくい内容でした。

だいたい5割くらいはもう理解できたので、今は基本情報技術者の勉強へ移行

しました。完璧主義は勉強の敵です。笑。

あ、お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

そうです!情報技術者試験の抜本的改革が今年秋から始められてしまいまして、

今やっている勉強はある意味無駄です。

しかし、資格が欲しいのもありますが単純にITの知識がほしいというのが正直

なとこですので、特に問題ありません。

そうなんです。最近どうも、自分の中に「知欲」というものが

芽生えてきたようです。

今は、とにかくインプットが楽しくてしかたありません。

ブログのようなアウトプットも楽しいのですが、どうも脳はインプットを

今は強く求めているようです。逆に言うと、アウトプットを十分にできるほど

のインプット量に達していないとも言えます。

勉強なんて、本当に嫌いだったのに・・・。

イヤイヤでも色々な分野を幅広く勉強していくと、ある一定のラインを

超えると、このような状態になるんでしょうか?

そんな気がします。

ここでもやはりキーワードは「受動でなく能動」なんでしょう。

第4の欲求「知欲」。

これが生まれながらにもっと強くしぶとく脳内に存在したなら、

アインシュタインみたいになってたんかなぁ・・。

なんて妄想をしつつ、知欲を楽しんでます。

天才と呼ばれた人達が持っていた「才」は、知欲だったのだと思います。

新しい知識を得たとき、謎を解いたとき、何かを誰よりも早く発見したとき、

そんなときに放出されるドーパミンが人並み以上に多い。

そんな才だったのではないでしょうか。

今、私は遅まきながら少しだけその世界に踏み入ったように感じてます。

ただ、私は24歳。生まれながらに知欲にまみれた人間とは違います。

天才にはなれません。すみません。笑。

今日は、まとまりのない話になってしまいました。

ソクラテスも言ってますが、ぜひ「知恵を愛求」しましょう。

続きを読む "第四の欲求「知欲」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

後出しジャンケン

みなさん、こんにちは!

さてそろそろ会計士が忙しい季節がやってきましたね。

会計士は普通この4月後半から5月くらいが忙しいのです。

しかし僕は、パブリックセクター部門と普通の監査部門の兼務スタッフです。

それにより、なんと4月後半から6月まで繁忙期ということになっております。

長い間、残業代を稼がせていただきます。。笑。

長時間労働は、はっきり言って癖になるのであまりしたくないのですが。

前の仕事でも、何かうまくいかないことがあれば

「まぁ、残ってやるか。」という発想に陥ってしまいがちでした。

こんなんじゃいつまで経っても、日本の労働生産性は・・・。

という側面もありますが、一生懸命になって夢中で仕事しまくるのも

よいことですよね。

ここでのキーワードは「受動でなく能動」だと思います。本当に。

それはともかくです。今日は「謙虚な態度」について語ります。

え?後出しジャンケンに関してじゃなかったの?とお思いでしょう。

まぁ、ちゃんと繋がりますので、根気良く読んでくださいね。

初対面の時、あなたは相手に対してどのような姿勢でいきますか?

謙虚に?あるいは偉そうに?それとも相手の出方次第ですか?

今日は、これについて自分がどう出るのが一番いいのか、検証してみましょう。

謙虚な人も、偉そうな人も、味方につける価値あり。

まず、偉そうな態度の人と謙虚な態度の人のどちらが「できる人」なのか。

これは一概にどちら、とは言えません。

しかし、人というのは100年生きる中で、この世の森羅万象のうちの1%も学ぶことができません。

知らないことだらけで死んでいくのです。

脳についても。人は死ぬまで必死こいて勉強しまくっても、せいぜい脳の3%しか使わないといわれます。

そんな事実がありながら、どうして偉そうな態度をとることができますか?

「目の前の相手から、1つも得ることがない。」

そんなことがあるはずありますか?

つまり偉そうな人というのは、独断ですが「もう学ぶ気がない人」と同義です。

ただし、偉そうな人に限って人事権がそれなりにあったり面倒見がよかったりするのも事実です。

そこにも注意しながら読み進めてください。

自分が先に謙虚な態度を振舞うに越したことはない

さて、後出しジャンケンのようなイメージで次の表を見てください。

こちらの態度の出方によって決まる、今後の関係を示しています。(もちろん独断)

ここでは簡単にするために、

・相手の見た目がこわそうだったら腰を低くする人

・相手の見た目が弱そうだったら威圧的になる人

・謙虚で腰が低いのではなく、ただ単にペコペコしてしまう人

・・・・・etcを除外し、代表的なタイプで考えます。

 

 

相手

 

 

誰にも謙虚

相手と同じ
手を出す

誰にも偉そう

傲慢


誰にも
謙虚

良好+

良好+

良好+

言いなり

相手と同じ手を出す

良好

微妙

つながらない

最悪

誰にも
偉そう

良好

つながらない

微妙

最悪

見ていただいた通り、かなり独断と偏見によります。笑

この表に信憑性があるとして、どういった態度がより良いのか。

やはり謙虚な態度ですね。

大事なことは、後出しを狙わない

相手の出方を見て、こちらの態度を決める。

この方法、結構多くの人がとっています。

相手が謙虚な人であれは、まぁ良好な関係は築けるでしょう。

しかし、上の表を再度見てください。

こちらが「誰にも謙虚」である時の関係を、普通の「良好」と区別するため「良好+」としました。

どういう意味を込めてるかといいますと、

「相手の出方を見てからの態度には、タイムラグがあり、思索がある。相手は意外にこれに敏感であり、直感的に見抜くであろう。」

ということです。

つまり、後出しを狙わない!

本当に相手と良好な関係を築きたいなら、自分から、後出しではなく、謙虚な態度で臨みましょう。

【まとめ】

長々と書いてきましたが、言いたいことはとてもシンプルです。

私たちが相手にする「人間」の態度は、大きく分けて謙虚か偉そうかです。

そして、どちらのタイプの人も、人脈としての価値はあります。

その価値を享受するため、良好な関係を築くには自分から謙虚な態度で接して

いただきたいということです。

とはいえ私もうっかり相手の出方次第になってしまいます。

一緒に頑張りましょう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »