« 後出しジャンケン | トップページ | 因果関係1 »

2008年4月14日 (月)

第四の欲求「知欲」

みなさん、こんにちは!

監査法人ではとうとう期末監査に突入してしまいまして、どことなく周囲の方達が

ギスギスしてきたような気がします。

頑張ります・・・・。

ところで、ここんとこ1週間ほど初級シスアドの勉強をしてました。

簡単簡単と聞いてましたが、無知な自分には非常に慣れにくい内容でした。

だいたい5割くらいはもう理解できたので、今は基本情報技術者の勉強へ移行

しました。完璧主義は勉強の敵です。笑。

あ、お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

そうです!情報技術者試験の抜本的改革が今年秋から始められてしまいまして、

今やっている勉強はある意味無駄です。

しかし、資格が欲しいのもありますが単純にITの知識がほしいというのが正直

なとこですので、特に問題ありません。

そうなんです。最近どうも、自分の中に「知欲」というものが

芽生えてきたようです。

今は、とにかくインプットが楽しくてしかたありません。

ブログのようなアウトプットも楽しいのですが、どうも脳はインプットを

今は強く求めているようです。逆に言うと、アウトプットを十分にできるほど

のインプット量に達していないとも言えます。

勉強なんて、本当に嫌いだったのに・・・。

イヤイヤでも色々な分野を幅広く勉強していくと、ある一定のラインを

超えると、このような状態になるんでしょうか?

そんな気がします。

ここでもやはりキーワードは「受動でなく能動」なんでしょう。

第4の欲求「知欲」。

これが生まれながらにもっと強くしぶとく脳内に存在したなら、

アインシュタインみたいになってたんかなぁ・・。

なんて妄想をしつつ、知欲を楽しんでます。

天才と呼ばれた人達が持っていた「才」は、知欲だったのだと思います。

新しい知識を得たとき、謎を解いたとき、何かを誰よりも早く発見したとき、

そんなときに放出されるドーパミンが人並み以上に多い。

そんな才だったのではないでしょうか。

今、私は遅まきながら少しだけその世界に踏み入ったように感じてます。

ただ、私は24歳。生まれながらに知欲にまみれた人間とは違います。

天才にはなれません。すみません。笑。

今日は、まとまりのない話になってしまいました。

ソクラテスも言ってますが、ぜひ「知恵を愛求」しましょう。

|

« 後出しジャンケン | トップページ | 因果関係1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009480/20231169

この記事へのトラックバック一覧です: 第四の欲求「知欲」:

« 後出しジャンケン | トップページ | 因果関係1 »