« やっと出会えた!欲しかった英語学習本。 | トップページ | 今日は »

2008年5月31日 (土)

音楽好きなんです。

みなさん、こんにちは!

僕は高校時代からよく曲を書きます。

音楽が好きなんです。

16歳から20歳まではミュージシャンになるのが夢でした。

今でもこっそり、作曲家になる夢は捨ててません。

何年も勉強していないですが、音楽理論は今でもほぼばっちりです。

将来はゆっくり書いていきたいですね。

曲を作る順序としては色々ありますが、僕は以下の2パターンが多かったです。

ただし、編曲も全てやるからこその順序です。そして、おおまかです。

1、フレームワークから(全体から個別)

Aメロ・Bメロ・サビ・Cメロそれぞれの調、スケール → キー → コード進行 → 主旋律 →再度キー → 編曲

2、メロディーから(個別から全体)

主旋律 → キー → 編曲 → 編集 

それぞれのメリット・デメリットです。

メリット

デメリット

1、フレームワークから

・大きく外した曲になることが少ない。

・全体としてまとまった曲になる。

・「こういう曲にしたい」というコンセプトに合致したものを作りやすい。

・回を重ねるごとに「成長」しやすい。

・主旋律の作成段階で、コード進行が「補助」にもなるが「縛り」になる。

・うっかりすると、ありきたりになる。(コード進行の創造・決定が実質のメイン作業)

2、メロディーから

・潜在意識からの割合が100%の方法なので、オリジナリティが出やすい。

・普段の日常生活のどんな場面でも作曲行為が可能。

・クリティカルヒットが出やすい。

・全体通して一度に作るのは難しいのでバラバラに作ることになるが、その場合まとまりが薄くなる。

・精神状態に出来が大きく左右される。

・「作りたい」イメージとは無関係な曲ができることが多々ある。

自分でパターンを割っておきながらなんですが、

これら2つのパターンをズバッと切ってしまってはいけません。

実際にはこの2パターンをうまく組み合わせながら作っていきます。

やはり芸術は理論と閃き、両方必要です。

これを今日ぼーっと考えていて思ったのが、

「これって音楽だけじゃなくて、何でも同じやなー。仕事も全から考えるのと個から考えるので

似たようなメリット・デメリットあるなー。」ということです。

音楽だろうが仕事だろうが何だろうが、全体から考えるスキルと閃きによる個からの流れを両方

大切にしていきましょう。

なんかまとまってないですが、今日お伝えしたいことは

「何かを成し遂げることに必要な能力は、芸術でも仕事でも同じ。」

ということです。

あの有名な原則に通じますね。

レオナルド・ダ・ヴィンチによる脳の能力を完全に活用するための4つの原則

・芸術の科学を学べ。

・科学の芸術を学べ。

・感覚を発達させよ。とくに見る力を学べ。

・すべてはすべてにつながると認識せよ。 

やっぱり偉人は常にゴール近くにいます。

では。

|

« やっと出会えた!欲しかった英語学習本。 | トップページ | 今日は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにそうカモhappy01
芸術や仕事以外でもそれは言えるなぁと改めて思いましたよupup

投稿: ツツ | 2008年6月 1日 (日) 22時58分

ツツさん

コメントありがとうございますthunder

芸術と仕事以外と言われて、あまり何も浮かばなかった自分が悲しい。笑。

共感いただきうれしいです。
共感→意識変化→行動変化→習慣変化へとぜひ歩を進めてください。
何かいいこと、・・・あるかもsweat02

投稿: トラポコ | 2008年6月 1日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009480/21297863

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽好きなんです。:

« やっと出会えた!欲しかった英語学習本。 | トップページ | 今日は »