« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

セメザルヲオソレ

Photo

公認会計士。

公認会計士という資格は武器ですか?防具ですか?

資格を取る時の動機の話ではありません。

今、会計士の皆さんにとって、どうかです。

なんて問いかけをしてみました。笑。

最近思うのです。

「我々会計士ですら・・・・」

「よくここまで来たね。」

「生意気・・・」

のような台詞が口から出る方は、防具として資格を持っていると思うのです。

武器として会計士の資格を持っているなら、それはつまり

「挑戦」を忘れていないはずですよね。

挑戦者であるなら、そこにおごりは無いはずですよね。

おごりがないなら・・・・。

せっかくならいつまでも挑戦者であり続け、

公認会計士という資格を武器にして、

更なる高みへ昇っていきたいですね。

これは何も公認会計士だけに限ったことではありません。

弁護士、医者、公務員、・・・・etc。

ある特定の何かに、守られて生活している人。

その守ってくれているものを、武器として扱うのか防具として扱うのか。

それはもう本人の意思次第。

この先何年も、何十年でも、

守りに入るなんてゴメンだね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

A secret makes a woman woman.

Photo_7 Photo_8Photo_9 Photo_10 Photo_11

河口湖。

ここは僕の人生の2回目の出発点。

久しぶりに行ってきました。

・・・鈍行で。笑。

本日(23日)と明日は有休なのであしからず・・。

河口湖を皆さんご存知でしょうか?

関東の方はともかく、関西ではあまり馴染みがありませんよね。

河口湖は富士五湖の一つで、標高約900mに悠然と広がるとても綺麗な

湖です。

運がものすごいよければ「逆さ富士」といって、湖に富士山がはっきり映って上下2つの

富士山が見れます。

運がよくなかったので写真はありません。笑。

日記みたいになっちゃってますが、日曜日は初めてコテージというもの

に泊まりました。

旅館やホテルでおもてなしされるのも悪くないですが、コテージでゆっくり

自分の時間を過ごすのも良いですね。

ところで、こんなに富士山の近くに行っておきながら

富士山が見えなかったのです。

そういえば前回も見えなかった・・・。

こんな梅雨に行く自分が悪いのですが、残念でたまりません。

見えるのは霧・霧・霧!

ドライアイスでも炊いてんのか、ここは!

とはいえ、だからこそもう一度ここに来ようと強く決心しました。

人間やっぱり、「隠れたもの」が好きみたいですね。

全部見えたら。

全部知ってしまったら。

面白くなくなってしまうんですね。

残念ですね。

「君のこと、全部知りたいんだ。」

なんて言われても、全部は禁物ですよ。

明日が完全に見えてしまったら、なんてつまらない人生。

僕は昔、実は・・・

なーんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

俺は違うね

Photo

Photo_3 

日本人って、なんで周りの人に合わせるんだろう?

なんで周りと同じことをしたがるんだろう?

日常の会話やTV等で、上のような疑問がよく投げかれられていますよね。

僕は海外にあんまり詳しくないのでよく分かりませんが、日本は特にこういう傾向があるのは

確かのようです。

自分が思うことをきっぱり言って生きているだけで天邪鬼扱いされる世の中です。

「反抗期やねー」なんて言われることもあるんではなかろうか。

僕はどちらかというとこういう事を言われるタイプの人間なので、今更このような日本の慣習をうっとう

しいと感じることはありませんが、たまにやっぱり気にかかることがあります。

代表例として、

「女の子のディズニー好き」を挙げます。

いや・・・・、確かに楽しいと思うしいいところなのですが。

僕も好きですよ。自慢じゃないですが(自慢ですが)、アンバサダーにも泊まったし。

でもさすがに皆が皆言うから、何か大きな意思による操作がなされているように感じてしまいますね。

あんまり言うと怒られそうですが・・・。

先日ディズニー話で盛り上がっている女の子軍団に、勇気を振り絞って

「俺はスペイン村に旅行する方がはるかに楽しかった」と言ってみました。

すると予想通り猛反論。

「は?スペイン村?勘弁してよ、まったく。」とか言われる始末。

こっちが勘弁してほしいところです。

皆が好きだからディズニーが好きと言っている女の子は一瞬で分かります。

どこが好きなのかを聞いたら分かります。

好きなところを抑えた上で

「でもそれはスペイン村の方が実は・・」と分かりやすく説明すれば、すぐにコロッと意見を

変えます。

なんかあまりにスペイン村びいきになってしまいましたが、本当にいいところです。

ぜひ偏見を持たず、旅行に行ってみてください。

・・

自分の意見を。

大事にしましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

少年の誓い

Photo

昔は3度の飯よりドラえもんが好きでした。

コミックスも全部持ってます。

今でももちろん好きですが、記憶以上のドラえもんはもう存在しません。

コミックス第6巻で一度最終回を迎えたドラえもんですが(それ以外にも実はあるらしいですが・・)、その最終回「さようならドラえもん」は今でも僕に生きる元気をくれています。

ドラえもんが安心して未来へ帰れるように、何度でもジャイアンに立ち向かうのび太。

この時ののび太に勝てる人間なんてこの世にいません。

本当に大好きな話です。

と、それに匹敵するくらいに感動する話があります。

http://iroiro.alualu.jp/doradora/index.html

こちらでドラえもん伝説の3つのうちの1つを紹介しています。

ドラえもん最終回は、のび太が植物人間だとかなんだとか色々な伝説があります。

その中でずっと気になっていた説。

やっと昨日たまたま見ました。

「のび太がドラえもんの製造者」説です。

誰が書いたのか、非常によくできています。

冗談抜きで涙が目に浮かびます。

「頼ること」は時に美しいと思います。

でもいつまでも当事者意識を持たないままでは、人は本当の意味で何も勝ち取れません。

「僕が・・・!」

そう、「あなた」が何かをしないと。

誰でもない、あなたです。

何か大きな理不尽な力で歪められているこの世界。

この歪みが自然の秩序なのか何なのかは分かりません。

それでも僕は、誰にもできないことをしたい。

一人一人の最善が、やがて実を結び、理想の世界を築いていきます。

宗教でも哲学でもない、普遍の原則です。

僕はのび太にキヅかされたことがたくさんあります。

今でも甘ったれな僕ですが、これからも成長していきます。

本当にありがとう。

「誓い」を、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

Steal Emotion

Still_motion

http://www.nmao.go.jp/japanese/still_motion/index.html

やっと行ってきました。

液晶絵画 Still Motion

コンセプトは映像の「機能美」と絵画の持つ「芸術美」の融合と

いった感じでしょうか。

映像に本格的な芸術性を求めることの可能性はまだまだ模索されています。

僕は非常に今日、感銘を受けました。

残念ながら勉強不足で、自分ではまだ真実の意図・意思を見つけられないものも数点

ありましたが、全体的に誰でも楽しめるような構成になっていて非常に有意義でした。

普段は時間の流れと戦うように生きているわけですが、つくづく効率性が全てでないことを

教えられました。

皆さんもぜひ、行ってみてください♪

・・・と見せかけて実は明日までです。紹介するのが遅くてすんませんっ

もっと早く行きたかったんですがっ。

色々キヅキます。

そして、ある意味、

Steal Emotion

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

公認会計士試験 独学者用

会計士試験の独学について、前以上に最近ご質問が増えてきたので転載します。

今後はこのページを紹介します。

え?効率化ですよ効率化!(メンドクサガリヤ)

試験合格を目指されている、ある人へのメッセージです。

海外留学もなされていて、僕と同い年のすごそうな方です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

はじめまして。トラポコと申します。

メッセージありがとうございます!

お返事遅くなり申し訳ございません!(本当に)

独学の件なのですが、学習方法は本当にオリジナルで人様に合うかどうかは分からないので、自信はないです。

それよりもむしろ、専門学校に通うことで得られると考えられるものを

いかに自分で入手するかが大事だと思うので、そこを意識してました。

【独学による勉強と専門学校に通っての勉強との違い】

1、スケジューリング

個人で組むより、やはり信頼できる大組織にスケジューリングされた方が

安心して勉強出来ますよね。

裏を返せば、専門学校だと最低でも1年4ヶ月ほどの年月をかけなければなりません。全体を受からせる勉強をさせるので、個人によっては妨げ・無駄になる部分も実はあると思います。

でも、「安心感」は大事ですよね。

僕は「安心感」は、頻繁にネットによる色々なサイトで情報を手に入れることで得ていました。

2、質問出来る人の存在

講師ってやはり大事です。

今でも「授業」は全く大事と思いませんが、やはり分からないことをすぐに質問できる人の存在は大事だと思います。

ここの壁は「完ぺき主義を捨てる」式の勉強で乗り切りました。

これはどういうことかというと、

例えば監査論の勉強なんかは、最初の1、2ヶ月は本当にちんぷんかんぷんで分からないことだらけです。

しかしそれでも諦めずに前へ前へと問題集を進ませ、1周目を終えます。(暗記レベルになりますが、ある程度復習も繰り返します。)

そして2周目のスタート。(理想は勉強を始めて1ヶ月以内に2週目に入ります。)

すると分からなかったものが、次は分かるようになってます。

これは誰にでもちょっとはある経験だと思うのですが、これをフルに活用します。

だから、「分からないことはすぐに分かりたい!」という願望を捨てることができたなら、必ずしも質問できる相手は必要ないと思います。

どうしても!という内容は、なんだかんだ言ってネットに細かく深くかつ分かりやすく解説してくれてるサイト(暇なのかなんなのか知りませんが。)があります。

ここ、耐えれるなら独学に向いていると思います。

3、受験仲間がいない

モチベーションの維持に大事な「受験仲間」が作れません。

いや、もちろん頑張ったら作れるのでしょうが僕はいませんでした。

ここは、本当に個人の問題になってしまいます。

僕の場合は「独学で半年で受かって、周りの会計士を置き去りにしてやる!」と強く願っているだけで結構なんとかなるものでした。笑。

仕事を辞めて尻に火がついていたのと、短答式さえ受かれば就職は出来るというのもモチベーション維持に貢献したと思います。

あとは、自分で組むスケジューリングと実際の勉強進捗を比べて、進捗の方が進んでいることでモチベーションを上げてたような気がします。

受験仲間がいると、僕は逆に付き合いとかで流されてたような気もします。

つい遊んでしまうので・・・。

4、実力の計量ができない

専門学校生だとすぐに計量できますよね。

でも、あれは微妙だと思います。

僕はTACなんば校に、短答式の全統練2回、論文式の全統練1回、受けにいきました。

全て判定は、DとかEでした。

でも実際の受験では短答式で合計76点で、ラインが確か65点とかそんなんだったのでかなり余裕でした。

論文式も手応えがかなりよかったです。

つまり、やはり専門学校の模試は専門学校生がそれなりに強いなと感じます。だからそこで単純な実力判定は微妙だと思うのです。

でも、こんな話をしときながらなんですが、TACの全答練は受けることを強く推奨します。

かなり難しい問題が多いですが、本番にかなり役に立ちました。

とこんな感じで、専門学校に通うことで得られるメリットはなんとなく代替できるということは分かっていただけたと思います。

逆に独学でも、努力次第で1年以内合格も可能、受験仲間の駄目な付き合いがない、独学能力は後々に役に立つ、等々のメリットがあります。

独学されるなら、ぜひ頑張ってください。

それで合格されたなら、かなりの自信、「確信」を得られると思います。

心から応援します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

ドラマ 監査法人

02 01_4

・・

・・・・主役が高卒会計士です。なんだか笑ってしまいます。笑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

会話の最大公約数

最近のどかな雰囲気が好きです。

今日も○立大学の監査現場で仕事をしていると、ふとした瞬間に鳥の鳴き声が耳に入ってきて

とても気持ちよくなりました。

窓から外を見れば緑が気持ちよさげに太陽を浴びてます。

大学生達が仲良さげに喋りながら歩いてます。

陸上部の掛け声らしきものも聴こえてきます。

嗚呼、大学って、のどか。

仲良さげな学生たちを見ていて思ったのですが、そういえば僕は団体行動が苦手です。

苦手といっても、たまには大人数でカラオケ行ったりもしますよー。

でも基本的に苦手ですね。

1人か2人での行動が大半です。

苦手の理由は色々ありますが、今日お伝えしたいのはこれです。

「会話の最大公約数」

です。

ナニソレって顔せずに・・・。

2人で会話するとき、何を話しますか?

恋人同士や話題が豊富なときはともかくとして、基本的に2人の共通の話題を探して

会話をしませんか?

共通のことでなく自分だけが知っていることを話すのは、非常に説明力が必要ですし

何より相手に想像力を強制的に求めてしまっています。

特別な想像力を求めない、強烈に印象的な出来事の話なら相手も退屈しませんがね・・。

だからある程度会話を弾ませようと思えば、自然と共通の話題を探します。

これ2人なら簡単なんですよね。

これが3人4人5人・・・と増えていくと、もうもはや深い会話はほぼ不可能。

大人数になると、次のことを考えながら喋るようになってしまいます。

1、共通認識の話題を無理やり探す

2、誰でも楽しめるような印象的な話題(トピック)を出す

3、面子を見てタブーを避ける

つまり、「会話の最大公約数」的なものを常に意識してます。

Photo_2

考えることが多すぎて、疲れます。

そんなこと気にせずに、大人数の会話を楽しめる人も世の中にはたくさんいらっしゃいます。

うらやましー。

でも自分はどうしても大人数になると、こういったことを考えながら時間を過ごすので

精神的に疲れるのです。

好きですけどね。苦手です。

秋葉原で理不尽に亡くなられた方達のご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。

大事なモノが進歩しない人の世に

今夜も Good Night.

!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

アダムとイヴとマズロー

今日面白い一文を読みました。

「恋愛は本質的に全て3角関係である。」

これどういう意味かというと、

恋愛は自分相手(自分が好意を抱く対象)、自分と相手の恋愛関係を脅かす者の3者が

存在して初めて成り立つということです。

自分を相手に特別扱い(性的なことについて)してもらいたい、が恋愛感情といえます。

ということは自分以外の者と性的関係を持ってほしくないと思うのも恋愛感情といえるでしょうか。

極端な話、アダムとイヴのは恋愛ではないということです。

彼らはお互いの命を大切にしたでしょう。

性的関係もあったでしょう。

しかし。

「あの子には好きな人がいるのか・・・・・。」

「あの人には奥さんが・・・・・。」

といったあの独特の何ともたとえようが無い気持ちを味わうことなく

最初から当たり前のように2人でいるわけです。

確かに恋愛じゃありませんね。

脅かす者がいるから恋愛が成り立つ。

世の中おかしいぜー。

と、それはともかく!

1、生理欲求→食欲・睡眠欲・性欲。人が生きていくための欲求。

2、安全欲求→危険を避けたいという欲求。家族や恋人を守りたいという欲求。

3、社会的欲求→良好な人間関係を築きたい。仲間外れはゴメンだという欲求。

4、自我欲求→自分に自信を持ち、他者から尊敬されたいという欲求。

5、自己実現欲求→誰のためでなく、自分のためにこれを成し遂げたい!という欲求。

いきなりですが、マズローの5大欲求です。

人はこの5つのいずれかの段階の欲求にもとづき仕事をしているという、マズローさんによる説です。

安全欲求を満たすため、お金欲しさに頑張っている部下に

「君に、非常にやりがいのある仕事があるんだ。」

と言ってみたところであまり響きません。

逆に、自己実現欲求を満たすため、海外へ飛び出そうとしている野球選手に

「分かった。君の年俸は来年十分に前向きに検討するから日本に残ってくれないか」

と言ってみたところで、こちらもあまり響きません。

どんな欲求に突き動かされ、あなたはその行動をしているのか。

それを見極めることが出来たらどんなにいいだろう。

というニーズを少し満たしてくれるこのマズローの5大欲求、ぜひ何かに活かしてください。

とはいえ、恋愛感情は時に全ての欲求を阻害するほどに大きくなることがあります。

「地位よりもお金よりも食べ物よりも空気よりも、あなたがほしい。」

なんて、言われてみたいものですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

Tell Me Anything

みなさん、こんにちは!

最近職場の先輩が、大前研一さんに凝っているらしく、本をくれました。

マッキンゼーはやはり憧れです。そして日本のマッキンゼーは、大前ニズムですね。

そういえば、いまやどこのMBAプログラムでも教えられている「ピラミッドストラクチャー」は

マッキンゼーが編み出した必殺技です。会心の一撃ですね。

そんなこんなで、前から興味があったがとっておいた大前さんの本を

読みました。感想は長くなるので、将来気が向いたら書評レビューのブログでも作って

その中で語ります。汗。

今日は情報発信の大切さについて、自分の見解を述べます。

まず次の仮定を読んで、その上でこれからの地球を考えてみてください。

【仮定】

明日6月3日より、世界中の人々はこうなる。

・人はこれからも研究(単に頭で創造、想像することを含む)するが、その内容を文書や口頭で人に伝えない。自然に伝わるものも、シャットアウトされる。

・テレビ(他マスコミを含む)はこれからもあるが、既存の知識以外のこと(発見、ニュース等)は流さない。

さてこうなると、どうなるか。

ここで提唱したいことは、次の3つです。

1、そもそも生きることに意味がありますか。

 個人が人として生きていく分には、そう問題ないと思います。3大欲求さえ満たされれば

人は生きていくことができます。しかし、個人としてではなく「人」という種で考えた場合、明らかに

存続する意味がなくなります。ただ消費が繰り返され、創造は次の創造へつなげることなく、

何も生み出しません。

2、人の進化、文化の進化はどうなりますか。

1でも述べましたが、創造・発見が次へと繋げないので、何かを生み出すには必ずゼロベース(もしくは2008年6月2日現在までの知識の上に積み上げ)で始めなければなりません。

つまり人類の進化は、DNAによる進化以外になくなってしまいます。また何億年も

同じような文化の中で生き続けます。

3、進化以前に、あと何世代もつでしょうか。

人類という「種」からの命令に逆らうわけです。色々な副作用が起きるでしょう。戦争も起きるでしょう。

次第に誰もそれを止めなくなるでしょう。人を愛せなくなるでしょう。子孫というものに、何も残さなくなるでしょう。

【まとめ】

情報発信を止めることの意味。

それを考えて初めて、情報発信の大切さがわかります。

あなたの人生。それを意味あるものにするためにも、

もっともっと人に伝えていってください。

数多の情報の中で今を生きている僕たちですが、

それを後世に伝えていきましょう。

どんなことでもいいです。

あなたの情報は、あなたからしか発信できないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

頑張ろうって思った。

いつも頑張ってる。

でも、甘えならまだまだある。

負けない。

努力なんて無駄だとか。

そんな冷めた時代なのかな。

熱く。

何かが足りない夜の空を、熱く燃やそう。

今日も読んでいただき、

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »