« 和歌山の中心でキヅキを叫ぶ | トップページ | 人脈×人脈×人脈= »

2008年8月23日 (土)

「情報は一冊のノートにまとめなさい」のような公認会計士試験のような

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

著者:奥野 宣之
販売元:ナナ・コーポレート・コミュニケーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は久しぶりに同期の方達とご飯に行き、たのしかった。

夕方、少し雨が降った。

日記終了。笑。

今日は本の紹介もそうなのですが、一つ思うことがあったのでそれの具現化を。

会計士受験独学に役に立ったのは、

・前職で培った闘争心

・マインドマップ

・3時間熟睡法

・ノートの使い方

・問題集がテキスト

・前進と反復の比率曲線

・スケジューリングと上方修正

・相乗効果

といったものなのですが、このうち

「ノートの使い方」について。

これは特徴あるので、人にオススメしにくかったのですが、この本のおかげで

「やっぱり!」と人にオススメしやすくなりました。

キーワードは一元化、です。

会計学、監査論、企業法、租税法、経営学、全て一冊のノートにまとめていました。

それも、ノートのどこからどこがどの科目というカテゴリー分けもせず、

それぞれの科目で「おお」「ああ」「へえ」「あちゃー」といったものをひたすら箇条書きで、

大掛かりでキーワード同士が繋がるものはマインドマップで、ただ単純に時系列に並べて

書いていってました。

勉強って気力のいる作業ですが、特に科目から科目へ移るときは気力が結構必要ですよね。

ついつい、「その前に休憩するか」となりがちです。

別に休憩自体は悪くないのですが、とにかくこの気力消費を最小限に抑えたいのが動機でした。

一日の勉強の始まり、そして終わりに、必ずのこの「まとめノート」を最初から最後まで見るという作業を繰り返していました。勉強しない日も必ずこれだけは見るようにしてました。

忘却曲線との戦いの公認会計士試験。

やはり毎日全科目に触れるのは大事です。

しかし、全科目に触れるのはなかなか気力がいる。

別にそれぞれの科目にノート作って、それぞれ開いて目を通したらいいのでしょうが、

圧倒的に使うエネルギーが違うと僕は思います。

それから、公認会計士試験受験者へのアドバイスとしてのお話をすると、

この「まとめノート」を作り始めるのは中級期くらいがいいと思います。

とりあえず入門期は前進あるのみです。穴だらけ、おおいに結構。

遅くなりましたが本の紹介です。

もうお分かりだとは思いますが、この本のキーワードは一元化です。

ただし、これはあくまで常に携帯する「メモ帳」に関してのお話です。

すなわち、勉強だけに限らず日記、アイデア、スケジュール、気になること、

後から調べたいもの、A4書類、・・等なんでもまとめてしまおうといったものです。

しかも、僕みたいに「気力が・・」なんて面倒くさがりな発想だけではなく、

検索性の非常に高いものに昇華させた手法となっています。

グーグルデスクトップとの組み合わせ技で、非常に効率性の高い必殺技となりそうですね。

ちっちゃなことから僕もぜひ、この本のノウハウを試していこうと思います。

|

« 和歌山の中心でキヅキを叫ぶ | トップページ | 人脈×人脈×人脈= »

お役立ち」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
僕もこの本ずっと気になってて買おうか迷ってました。
でも今日のブログを拝見して会計士受験に役立ちそうなので買います!

『忘却曲線との戦いの公認会計士試験』

まさにずっと悩んでいたことでした。。。
例えば簿記。個別論点で、ある論点の問題をひたすら解く(余裕でできる)。で、別の新しい論点に進みその論点の問題を解く。そして前やった論点に戻ると楽勝でできた問題が解けない・・・・というような状況に頻繁になります。問題を解く回数が少ないのかと自分で思ったり、機械的にやってるからだよと受験仲間が指摘してくれたりしてくれるので多くの問題をちゃんと理解しながら解きました。でもやっぱり時間が経つと忘れてしまう。。前進と復習のバランスが非常に大切だと思うんですが、色々な科目があるとそのバランスを保つのが難しいです。この課題を解決するために「一元化ノート」を作っていこうと思います!!

今は家に居ますが、来年のこの時間は試験会場に居られるように頑張ります!

投稿: ぺこぺこあおむし | 2008年8月23日 (土) 10時02分

ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線、懐かしいですね。
僕も、「現役合格した秘訣は?」と聞かれると、いつも
忘却曲線の話を出します。

思えば、この頃から「脳」についての興味はすさまじかったんですね。
良いこと思い出しました。ありがとうございます(笑)

全科目へ目を通す。非常に大事です。
というか、それが全てですね。
「基礎だけは100%絶対に忘れない」それで合格します。

>ぺこぺこあおむしさん

一元化ノートを作ってみるのもいいですし、
例えば「この科目については、このテキストしか見ない。他のもの(レジュメ、問題集、
答練の答え)は全部、必要なことだけテキストに書き込む」
なんていうのも、テキストベースの講師だと上手に使える方法だと思います。

ぜひ、頑張ってください!

投稿: りーやん | 2008年8月23日 (土) 10時17分

あおむしさん

お久しぶりです。
お元気しておられましたか?
コメントありがとうございます。

そうですね。計算科目も実質、記憶することが多いですよね。
計算はもちろん四則演算ですが、結局どういう方針で計算しないといけないのか、この論点では何に注意していないといけないのか、等々、日が経てば忘れてしまうことが多いと思います。
共感いただけて幸いです。
ぜひご自身に合ったものをお作りくださいね。


投稿: トラポコ | 2008年8月23日 (土) 10時51分

りーやんさん

コメントありがとうございます。
おー脳への興味、さすがですね。

ぺこぺこあおむしさんは、2ヶ月半くらいの独学で今年の短答式に挑まれた猛者です。来年は絶対合格して、ぬるい会計士を脅かす会計士になっていただけると思ってます。

テキストが主軸なら、他の場所にある必要情報もテキストに全部書き込む。これ、理にかなっていて現役の専門学校生、会計大学院生には非常に有効でしょうね。

投稿: トラポコ | 2008年8月23日 (土) 10時59分

有馬記念 2010 過去のデータから共通する勝ち馬の法則!!注目馬や穴馬などの最新情報を随時公開!

投稿: 有馬記念 2010 | 2010年12月16日 (木) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009480/23178155

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報は一冊のノートにまとめなさい」のような公認会計士試験のような:

« 和歌山の中心でキヅキを叫ぶ | トップページ | 人脈×人脈×人脈= »