想い

2008年8月20日 (水)

和歌山の中心でキヅキを叫ぶ

Wakayamajo

今日は仕事で和歌山のホテルにお泊り(^_^;)

わざわざ和歌山城が見える側の部屋にしたのに、今カーテンを開けたら消灯しとるしっ。

本来なら上の画像のような感じで見えていたはずです。笑。

以前書いた「日本企業に必要なこと」にとてもキヅかされるコメントをいただきました。

今回は本記事をもってお返事と替えさせていただきます。

それにしても「日本企業に必要なこと」では現状の自分の考え方を

ものすごく素直にブツけた内容だったので、至らない部分あったと思いますが

ご容赦くださいね・・。

今回、コメントを受け正直まだまだ認識不足だったなと痛感させられました。

僕自身は以前に、非っっ常~~に生理痛がひどい女性とお付き合いさせていただいたことがあります。

それもあってか自然と、顔の表情がいつもより堅いもしくは暗い女性には変に気を遣ってしまいます。

人は何故、身近な不幸・苦痛しか共有できないのでしょう。

自分自身が経験したことのないものを、より具体的に、よりリアルにイメージ

できるようになりたいものですね。僕自身も含めて。

でなければいつまで経っても、この問題をはじめ、分かり合えないことに起因する様々なトラブルが解消しませんよね。

・女性は月に一度(13日)、男性に比べて働ける日が少ない。

・女性は不定期に、産休・育児休暇が発生する。

・既婚女性は、男性に比べて帰宅時間が早い。

これらを男性が再認識した上で、それでも、

・女性にも働く権利がある。

・企業にとっても、女性が必要である。

・それらを計算に入れて時間管理できない方が情けない。

ということを同時に認識するように心掛けたいものです。

逆に僕が疑問なのは、これらを認められない男性はどういう考えなのでしょうか?

こういうことでしょうか?

・女性は月に一度(13日)、男性に比べて働ける日が少ない。

 →痛いかもしらんが、我慢してくれよ仕事なんだから。

・女性は不定期に、産休・育児休暇が発生する。

 →避妊か退職かどっちかにしてくれよ。誰が穴埋めるんだよ。

・既婚女性は、男性に比べて帰宅時間が早い。

 →辞めるかみっちり仕事かどっちかにしてくれよ。まだ仕事あるだろが。

うーん、これを自分の奥さんないし恋人に対しても思っているのでしょうか?

一部の人は思っているかもしれないですが、おそらく大半の男性は身近な(大切な)女性に対してはそう思っていないでしょう。

そう考えると、何かキッカケさえあれば、より視野も広がって段々と考え方も変わっていきますよね。

今思えば、前職の店長時代は考え方が今より幼かったー。

生理痛で苦しんでいる女性アルバイトに

「ほんますまん。いけるか?もうちょっとだけ頑張ってほしいねん。」

と言って、よく甘えていたものです。

走って薬を買いにいってまで、働いてもらうこともありました。

薬局にはよく走りこんだなぁ・・・。

色々考えさせられます・・・・。

反省です。

先程も書きましたが、

女性のそういったことを予め計算に入れて時間管理をしたりイレギュラーに適切に対応したりできるようになりたいものです。

その場しのぎの「大丈夫?」なんてクソ食らえ。

もっと大きな、包み込むような、「本当の気遣い」で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

ひぐらしの死ぬ頃に

なんか今日は切ない気分。

こんな日は切ない話を。

セミ。

今日もたくさん鳴いていましたね。

セミを見ると、とても切ない気持ちになります。

アブラゼミを例にすると、アブラゼミは6年間地下生活をし、

その後成虫として大空を飛び回るのはせいぜい1ヶ月ほど(2週間てのは人間の飼育が下手だから)。

昆虫の中では、決して短いとはいえない期間ですが、

それでもやはり一生の中で、花舞台の大空生活が1ヶ月というのは

我々人間としては、考えさせられますよね。

パプワくんの影響なのでしょうが、どうしてもそこに物語を感じられずにはいられません。

全てが、種の存続の方法として選ばれた結果だというのは理解しているのですが・・・。

今日はセミの気持ちになってみたい気分です。

僕にとっても永遠の憧れ、空。

気が遠くなるくらい昔から、セミという種にとって「空」は憧れだったのかな?

不器用だから。

ほかの空飛ぶ虫達は、上手に、なんのリスクもなく、普通に飛んでいるのに。

空さえ飛ばなければ、死なない。

地中で暮らしていれば、死なない。

一瞬の夢のために、死ぬの?

それとも、地中から出ないのは、死んでるのと同じ?

6年間も生きてきたのに、空を選んで、すぐに死ぬの?

6年間準備してきて、空を飛ばないで、それでいいの?

でも。

なんだかんだ言っても。

やっぱり飛ぶよ。

「空を飛ぶことが、生きることと同義。」なんてかっこいいこと言えないけど。

理屈じゃない。

焦ってるわけでもない。

でもきっと、空には何かあるんだ。

何か?

分からない。

でもきっとある。

それが見たいんだ。

それが夢なんだ。

死ぬのは、怖いけど。

夢を叶えたら。

きっと怖くないよ。

夢の中で死んでいくよ。

大丈夫。

じゃあ、いくよ。

さようなら。

夢を、大切に。

何かが怖いなら、夢を大切に。

夢を見よう。

一緒に見よう。

さあ、旅立とう。

ありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

セメザルヲオソレ

Photo

公認会計士。

公認会計士という資格は武器ですか?防具ですか?

資格を取る時の動機の話ではありません。

今、会計士の皆さんにとって、どうかです。

なんて問いかけをしてみました。笑。

最近思うのです。

「我々会計士ですら・・・・」

「よくここまで来たね。」

「生意気・・・」

のような台詞が口から出る方は、防具として資格を持っていると思うのです。

武器として会計士の資格を持っているなら、それはつまり

「挑戦」を忘れていないはずですよね。

挑戦者であるなら、そこにおごりは無いはずですよね。

おごりがないなら・・・・。

せっかくならいつまでも挑戦者であり続け、

公認会計士という資格を武器にして、

更なる高みへ昇っていきたいですね。

これは何も公認会計士だけに限ったことではありません。

弁護士、医者、公務員、・・・・etc。

ある特定の何かに、守られて生活している人。

その守ってくれているものを、武器として扱うのか防具として扱うのか。

それはもう本人の意思次第。

この先何年も、何十年でも、

守りに入るなんてゴメンだね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

少年の誓い

Photo

昔は3度の飯よりドラえもんが好きでした。

コミックスも全部持ってます。

今でももちろん好きですが、記憶以上のドラえもんはもう存在しません。

コミックス第6巻で一度最終回を迎えたドラえもんですが(それ以外にも実はあるらしいですが・・)、その最終回「さようならドラえもん」は今でも僕に生きる元気をくれています。

ドラえもんが安心して未来へ帰れるように、何度でもジャイアンに立ち向かうのび太。

この時ののび太に勝てる人間なんてこの世にいません。

本当に大好きな話です。

と、それに匹敵するくらいに感動する話があります。

http://iroiro.alualu.jp/doradora/index.html

こちらでドラえもん伝説の3つのうちの1つを紹介しています。

ドラえもん最終回は、のび太が植物人間だとかなんだとか色々な伝説があります。

その中でずっと気になっていた説。

やっと昨日たまたま見ました。

「のび太がドラえもんの製造者」説です。

誰が書いたのか、非常によくできています。

冗談抜きで涙が目に浮かびます。

「頼ること」は時に美しいと思います。

でもいつまでも当事者意識を持たないままでは、人は本当の意味で何も勝ち取れません。

「僕が・・・!」

そう、「あなた」が何かをしないと。

誰でもない、あなたです。

何か大きな理不尽な力で歪められているこの世界。

この歪みが自然の秩序なのか何なのかは分かりません。

それでも僕は、誰にもできないことをしたい。

一人一人の最善が、やがて実を結び、理想の世界を築いていきます。

宗教でも哲学でもない、普遍の原則です。

僕はのび太にキヅかされたことがたくさんあります。

今でも甘ったれな僕ですが、これからも成長していきます。

本当にありがとう。

「誓い」を、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)